為替相場が強い円高基調だと

.

  • .


    よくある経験の浅い方向けのFX投資のテキストでは、「差損が生じた状況ではナンピン買いをして、全体の平均の買い付けコストを抑える」とアドバイスしていたりしますが実際はそこにはかなり大きな隠れたリスクが潜んでいます。

    まず、ナンピン買いの仕組みについてごく簡単に記述しておきます。

    たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。

    ドル買いのため円安ドル高になるほど儲けが大きくなりますが逆に1ドルが95円まで円高ドル安が進んだとします。

    このままの状況でポジションを所有し続けたら損がなくなるまでにはマイナス分円安に動かなければなりません。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

    損失は早急に無くしたいと思うでしょう。

    そこで最初に売買したのと同じ額の$(ドル)を、95円で買い増しする。

    すると、平均の買い付け価格は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。

    半分の幅で円安ドル高に進めば損失を回復できる。

    ナンピンの理屈を理解すると、「もっともだ」と思ったりするが外国為替市場は容易には思うようにはいきません。

    初めから、1ドル=95円より下がらないとは、誰も分かるはずがありません。

    仮定として、為替相場が強い円高基調だとすると95円ではとまらず一段の円高にいくリスクが高くなります。

    仮定として、1ドル97.50円でナンピン買いをしたとしても1ドル=95円まで円高ドル安に向ったらナンピンしたポジションについても、為替差損が生まれることになってしまいます。

    こういう状況では一番初めに持ったポジションとあわせて、より大きな差損を被ります。

    この例のように、ナンピンは大変です。

    では、外国為替市場がストーリー展開とは逆の方向に行ってしまった場合、いかなるやり方で危険性を管理すればいいのでしょうか。

    こういう場合には取るべき道は2つ。

    まずひとつは執着しないで損失を確定する事です。

    もうひとつの手段としては保持しているポジションを縮小することによってもう一回外国為替市場が戻るのを動かないで待つことだ。

    相当弱腰の対策だと思う投資家もいるkもしれません。

    けれども、所有しているポジションに損が生まれた場合最も適切な対策はそれ以外にはありえません。

    無論、理論としては、ナンピンする考え方も有効です。

    しかしナンピン買いは、損失を披っているのにポジションを縮小するどころかポジションを買い増していく考え方です。

    この方法では、危機を制御することなどできないと考えるべきです。

    ナンピン買いを続ければその内損失が回復するかもしれません。

    でも、そうなる先に投資資金がマイナスになってしまいます。


    HOMEはこちら


  • 熊本県の人吉市に行って来ました。
  • 脱!抜け毛で、対策を頑張っています。
  • ペットは飼い主に似る?
  • ローヤルゼリーはすぐに効く
  • 6時に行っても相当込んでいました
  • ストレス発散より溜めないことが大事
  • 胃痛予防の対策について
  • お風呂に浸かって確り疲れを取る。
  • ヒアルロン酸が間接痛に効く?
  • 日本の男性も香水をつけるべき
  • 関釜フェリーで韓国へ花見に行きました。
  • クイズが嫌いな訳じゃない
  • 意外と難しい眉の形について
  • お小遣い稼ぎに最適な副業
  • 音楽を毎日聴いていきたい
  • 冬に毛穴が目立つのはお肌の乾燥のせい
  • 幼稚園から中学生の時にした私の習い事
  • ツイッターのフォロワーが全然増えない
  • クレームを言う敷居が低くなったと思った
  • 宅配サービスで楽々ご飯♪
  • 同じ食材でひと工夫した野菜料理
  • 中期滞在ハワイでのレンタカーを運転する際の免許について
  • 患者さんが大部屋で感じるストレス
  • 中性脂肪は痩せ型にも多いです
  • コミュニケーション能力が婚活はとても大事
  • 痛風の原因になる尿酸値の上昇
  • 他人事ではない加齢臭
  • 金銭に予裕が有る場合や一時的所得などがあった折に
  • オーダメイドまであるフィギュア
  • 印象を変えたいときはチークを変える
  • 35歳の友達が婚活をしています。
  • 改造をしている車は
  • こういった二つの異なる国の貨幣の関係で出てくる利益
  • するとこの先長期間支払
  • 50000キロと言われていますから
  • 自動車買い取り専門店に売却
  • 処分をする車の買取査定調査等
  • 平等にジャッジしてもらう事が必要です
  • 為替相場が強い円高基調だと
  • 車買い取り金額は変化しないか
  • 任意保険・自賠責保険の両方で補償します
  • 登録するはんこは通称
  • 自らクレカの申込を行わなくても
  • 高い価格で商いしておいた後廉価で取り返すアクション
  • 会社もあるらしいです
  • そうした時には専門家等に依頼してほしいと思います
  • ある場面でゆっくりと円安の方向へと為替相場が変動し始めます
  • クレジットカードのポイントの体制が調整になり
  • 記してみましたためぜひとも
  • 勤務数が一年より二年の方が有利なのは確かです
  • 外為取引(FX)はわずかな誓約金からも腰
  • なったとしたら高くなりはしてしまいます
  • こういった内容が買取査定表に掲載される場合はほぼありません
  • 要求されてしまう場合もあるのです
  • 銀行と銀行のやり取りによって確定するものです
  • 元利均等は元金均等と比べてまぎれもなく元金が縮小
  • 汚れやシミがシートなどに付着しているようだと
  • 通称「等級」という略称で知られる指標があるのです
  • 取らないといけないということになります
  • 実行すると良いのではないかと感じています
  • 確証のないものにおいてはいうほど重視されません